若草の萌えるころ
 1968年 フランス 94分
「TANTE ZITA」

近所の子供にピアノを教えてるジタ伯母さん(カティーナ・パクシー)
はある正午突然脳卒中で倒れてしまう。
倒れてるジタ伯母さんを発見した姪のアニー(ジョアンナ・シムカス)
は急いで主治医ベルナール(ポール・クローシェ)を呼ぶが
危険な昏睡状態が続く。母とアニーは交代で夜な夜な看病するが
大好きなジタ伯母さんの危篤に耐えきれず家にいられなくなり
夜の街を彷徨うアニーだが、、


音楽はあのフランソワ・ド・ルーペ!!!

「オー!」や「追憶」などを手掛けたロベール・アンリコ監督の映画!!



アンリコは主演のジョアンナ・シムカスと当時付き合ってたらしいので
やはりこの映画もシムカスを綺麗に撮った映画ですね!

その後シドニー・ポワチエと結婚しちゃうけど、、(シドニーポワチエも好きだが)


地味なシャツとセーターで一つ結びヘアーで登場するシムカスですが
何気に一つ結びの可愛いこと!!!

いや、一つ結びでも凝ってる結び方で〜
後ろは逆毛を立ててフワッとさせてバレッタでとめてるんですよ〜
ゴムじゃなくバレッタ(幅広の)なんで正面から髪の毛が出て来るんですね。。

ただ相当くせが強いらしく!内側の毛ともみあげのくせが強かった、、

って髪ばかり見てるんじゃないよって(笑)



いや〜こんな可愛い一つ結びでも髪をほどくとモテモテになるんですよ(笑)
映画の中でですけどね!!
凄い色っぽくなっちゃってね。。

しかし相手が、、男性が、、、あまり好みではない、、、


色んな男の人が出てくるが、、


うーん。。残念。。(笑)



しかしお話の中で「赤」がなかなかキーポイントというか
とても生きていて良いですよ!!

最後ボロボロ泣いちゃいましたけどね

そしてスペイン内戦後の事が色濃く描かれています。
この歴史、、私は疎いんですが(汗)
細かいところでスペイン色が出ていますよ。。

最後の男性もスペイン人だったし。。。



しかーーーーーーーーーーーし!!!

原題のジタおばさん、、もうちょっとなぁ、、

こういう映画という想像がつかないよな(笑)





JUGEMテーマ:映画




| 22:49 | 映画 わ | comments(0) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.