蛇の穴
Anatole Litvak,Darryl F. Zanuck,Robert Bassler,Arthur Laurents,Frank Partos,Mary Jane Ward,Millen Brand
20th Century Fox
(1998-01-01)

 1948年 アメリカ 108分
「The Snake Pit」

自分が誰だかもわからずベンチに座るヴァージニア(オリヴィア・デ・ハヴィランド)。
隣に座るグレースや看護師に声をかけられてもわからない、、
医師のマーク(レオ・ゲン)や夫ロバート(マーク・スティーヴンス)も
わからない。そう、、ヴァージニアはジュニパー丘州立精神病院に入院していたのだ。
精神錯乱と記憶障害になってしまったヴァージニアを、キック医師は懸命な努力で
原因を突き止めて行く、、、。


第10回ヴェネツィア国際映画祭 女優賞
第21回アカデミー賞 録音賞

メアリー・ジェーン・ウォードによる自伝小説が原作の映画「蛇の穴」!!!



とても有名ですよね、この蛇の穴。。。
でも聞いた事はあっても内容はよく知りませんでした

この表紙のヴァージニア役のオリヴィアは、あの人ですよ!!
風と共に去りぬでメアリーだったお人です!!!

全然わかりませんでした

いや!だって!いつも眉間に皺を寄せてるし、、ノーメイクっぽいし、、、
顔が怖いし、、、(表紙そのまんまですが)

ちなみにオリヴィアって東京生まれなんですね!!知りませんでした!!



最初は暗くて憂鬱なので、ちょっと見るのが厳しいかなぁ、、と思いましたが
見てるとどんどん引き込まれてしまう映画です!
凄い面白いと思います!!
(余談ですが、私は40年代の映画が一番好きです!なんでこんなに面白いんだろう
と思います。。)


とヴァージニア役のオリヴィアの話ばかりしてますが、
何気に私の中で一番強烈な印象に残ってるのは患者へスター(ベッツィー・ブレア)
です!!!
台詞がほとんどないのにこの迫力は凄いです!


と、オススメな1本ですよ










JUGEMテーマ:映画





| 22:06 | 映画 へ | comments(0) | trackbacks(0) |
 ペネロピ
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
(2008-09-17)

 2006年 イギリス/アメリカ 101分
「PENELOPE」

魔女の呪いで豚の鼻と耳で産まれてきてしまった
名家の娘ペネロペ(クリスティーナ・リッチ)。
呪いを解くには同じ名家の男性と結婚しなくてはならない、、。
そんな中、落ちぶれた名家のマックス(ジェームス・マカヴォイ)が
現れ彼女の姿を見たマックスは、、。



ずっと観たかったペネロペ!!!

映画館で観たかった、、、、

製作はリース・ウィザースプーン!!!
凄いですね!こんな素敵な映画を作る人だとは思わなかった!!!
因にアニー役でも登場します!



クリスティーナー・リッチが豚鼻で登場するのですが、
いやいや!!豚鼻でも充分に可愛いですから


映像がとても可愛くて〜〜〜〜〜
おとぎ話チックで〜〜〜〜〜〜〜
心温まるストーリーです


ペネロペのお母さんにキャサリン・オハラですよ!
あのホームアローンのお母さん役のお人です。。
今回もいい味出してます(笑)

そしてマックス役のジェームス・マカヴォイですが
めちゃめちゃカッコいいです!!

だけど、、髪型が変わると、、、
全くイメージが変わり個人的にはあまりタイプではない、、

って誰も私の好みなんぞ聞いてはおりませぬが、、、



ラストはちょっとウルウル来ました(笑)

とてもオススメな1本です!





JUGEMテーマ:映画





| 23:56 | 映画 へ | comments(0) | trackbacks(0) |
 ベンジャミン・バトン 数奇な人生
2008年 アメリカ 167分
「THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON」

1918年のニューオリンズ。裕福な家で男の子が産まれるが
姿は80歳の赤ん坊だった、、。父親は赤ん坊を外に連れ出し
とある老人施設の前に置き去りにしてしまう。
そこで働くクイニー(タラジ・P・ヘンソン)は階段に置き去りされてる赤ん坊を拾い
ベンジャミンと名付け、老人施設で育てる事を決意する。
80歳で産まれたベンジャミン(ブラッド・ピット)は成長するにつれ
若返ってくる、、そんな彼はある日少女デイジー(ケイト・ブランシェット)
と出会い恋をするが、、。


F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説のリメイク!!
監督は「セブン」「ファイト・クラブ 」のデヴィッド・フィンチャー!


第81回のアカデミーに13部門もノミネートされてる作品!
どんだけの映画なんだ!と思い観に行ってきましたジョギング=3

3時間弱の映画なので長い〜ですが良かったです〜!
あんまり長くは感じなかったかも。。
というかもう終わっちゃうの?といった感じだった。。

どんどん若返るという非現実的な内容に
最初は「えぇ〜〜」なんて思ってたんですが(笑)
情報や感心がなかったからか?想像をあまりしなかったせいか?
白紙の状態で観た映画なので良かったのかも。。
あまり色々考えないで観た方が良いんじゃないかな?

まさか、、号泣する映画だとは思わなかったけど(笑)

どうするんだよ!!ボロ泣きなのにエンドロールなっちゃって、、
外出れない顔だよ!!と焦ったムニョムニョ



感情移入ですが、、当然というか、、デイジーのケイト・ブランシェットですね!
演技も素晴らしく良かった、、、

若返る役のベンジャミン!ブラット・ピットですが
若返るからなのか?感情移入しにくい、、
でも彼の方が凄い大変な役だと思うのだが。。

「生ー死」の映画なんだが、、
若くて楽しくて良い時って一生のうち短いんだな、、と
頭では理解してる事だが、こうやって映像で観ると切ないなぁ、、

そして!これは凄かった!!
CGってやつ!!(笑)

子供の頃の役からブラット・ピットだよ!ケイト・ブランシェットだよ!
身体は子供なんだけど、、顔が!!!顔が!!!!

老いてく姿もCGなんだろうね〜特殊メイクもあるらしいが。。
なんでもこれで150億円?くらい使ってしまったらしい汗

でも老いても綺麗なケイトだった。。


あと面白かったのは
ワーナー・ブラザーズの最初に出てくるロゴね。。
○○○でロゴを作ってるんだけど、最初なんで?と思って観てたが
エンドロールの最後にも出てくるこのロゴ!
これで「あぁ〜なるほど!」というオチがある(笑)

この○○○が意味してるのは物語の内容として
結構意味が深いと感じました。。





JUGEMテーマ:映画



| 23:47 | 映画 へ | comments(4) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.