眠狂四郎 魔性剣
柴田錬三郎,星川清司
ジェネオン エンタテインメント
(2004-04-23)

 1965年 日本 75分
「眠狂四郎魔性剣」

ある晩、狂四郎(市川雷蔵)は1人の貧しい武家育ちの女・佐絵(穂高のり子)から
「買って下さい」と声をかけられる。
狂四郎は身の上話を聞くだけで1両渡し去ってしまうが、佐絵は自害してしまう。
翌朝、狂四郎の元へ大工の娘・お糸(明星雅子)は佐絵の遺書と
佐絵の子・鶴松を連れてやって来た。
実は鶴末は岩代藩の世継ぎとして追われる身だった、、。


市川雷蔵の眠狂四郎シリーズ第6作目!!!(全12作)
監督は安田公義!!



眠狂四郎を初めて観たのがこの魔性剣!!
6作目から観るなよ〜って感じですがね、、

007の日本版といったとこです!
ボンドガール、、いや狂四郎ガールが登場します。

そしてこの狂四郎ガール達。。
「眠さま〜〜」「狂四郎さま〜〜
とワラワラと狂四郎の元へやってくる。。
まぁ〜魂胆がある人達ばかりなんですけどね(笑)

初めて観る人には、この狂四郎の台詞にびっくりすると思う。

最初の佐絵が
「買って下さい」

に狂四郎
「買おう!」
って即答にびっくり(笑)そ、そんな簡単に、、、

「据え膳をいただこう」(だったと思う、、)
って台詞もあるんだけど、、
笑うとこじゃないんだろうけど大爆笑してしまった!

だって〜〜聞かないもんね、、、据え膳食わぬはなんちゃらかんちゃら〜
というのは聞くけど、、、いただこうって言うのは初めて聞いた(笑)



あとは花札を手裏剣のように使い狂四郎の命を狙うおりん(嵯峨美智子)から
(花札で大丈夫か?と思ったのは私だけか?)
蛇使いの女、黒ミサシーンから見所満載なので面白いです!

「罠と知りつつ魔性の肌を抱き、陶酔の一瞬に殺意を斬る!」

この言葉、その通りです。。


あとは〜殺陣シーンですかね。。
市川雷蔵のこのシーンは凄いというかなんと言うか。。
円月殺法のシーンはストロボ撮影っていうのかな?
面白かった!!!

ってシーンシーンうるさいな、、(笑)




このちょいとニヒリズムな眠狂四郎。。
面白いのでオススメです!!!














JUGEMテーマ:映画


| 00:01 | 映画 ね | comments(0) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.