スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 ナイロビの蜂
ジョン・ル・カレ,ジェフリー・ケイン
日活
(2006-11-10)

 2005年 イギリス 128分
「THE CONSTANT GARDENER」

英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は赴任先のケニアで
愛する妻テッサ(レイチェル・ワイズ)と暮らしていた。
テッサは穏やかなジャスティンとは違い行動的で救援活動に熱心な女性、、。
そんな彼女がある日、トゥルカナ湖で死体となって発見されてしまう、、。


第78回アカデミー助演女優賞 レイチェル・ワイズ



ジョン・ル・カレの小説を映画化した作品!ナイロビの蜂!!


前々から良いよ〜とは聞いていましたが。。。


結構〜凄い映画でした

政治サスペンスだなぁ〜なんて観てたんですが
ラストにくると究極の愛の映画だった!!


実際にありそうな話だよな〜なんて思ってたら
現実にアフリカで起こっている事を書いてる小説らしいので
とても怖いな、、と思ってしまいます、、。




奥さん役のレイチェル・ワイズですが!!!
私の大好きな女優さんなんですね〜〜〜
(ハムナプトラの人。。)

綺麗でした。。。

その彼女が妊娠してお風呂に入ってるシーンがありますが
リアルに妊娠してたみたいですね
お腹大きかった〜〜〜。。

個人的には、ジャスティンとテッサの出会いを
もっと繊細にしてほしかったな〜〜〜と。。

でも128分だから無理でしょうね、、

あと30分延長すれば良かったのに〜なんて勝手な事言っちゃいますが(笑)

だってね〜こんだけ正反対な性格の2人が惹かれ合うんだから、、
じゃ、本読め!って話になりますけど(笑)




政治的というか、、政治的か、、、

こちらの方面は書いてしまうとネタバレになっちゃいますね(汗)

ただ、、、酷い台詞がありまして
これはショックでしたね、、、

ナイロビの人達の事を
「どうせ死ぬんだから〜」
と命を軽々しく扱うんですね、、

これが現実だというのだから酷い話です。。




しかし、映画としてはとても良い映画だと思うので
オススメな1本だと思います!!!












JUGEMテーマ:映画




| 20:07 | 映画 な | comments(0) | trackbacks(0) |
 ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
(2008-04-23)
2005年 アメリカ 140分
第78回アカデミー賞 メイクアップ

舞台は第二次世界大戦中のロンドン。
疎開するため4人の兄弟
ピーター(長男)、エドマンド(次男)、スーザン(長女)、ルーシー(次女)
は地方の老教授の家に預けられる事になる。

ある日、4人でかくれんぼをする事になりルーシーは洋服タンスの中に
隠れるが、そこは白い魔女の魔法で100年もの間
冬にされたナルニア国への入り口だった。


世界三大ファンタジーと言われてる作品の一つ。

この映画を作るのはムリムリと言われてたけど今の技術は凄いですね〜ぴかぴか

そして原作者であるC.S.ルイスは優れた学者でもあり宗教家でもあったらしいです!

ナルニア国物語も実は宗教的背景があるのだそう。。
自分は恥ずかしながら無知であるのでキリスト文化が全くわからない汗

登場するアスランもトルコ語でライオンを意味するらしい。。



ナルニア国物語は全部で7章ですが、
映画化は3部作までみたいですね〜
ちょっと残念。。。

でも、、7部作も作れないか(笑)



この映画のルーシーはとても大きい洋服ダンスに隠れてかくれんぼするんだが、、


私の場合は、、、


押し入れだった、、、

なんかちょっと色気がないな、、、









JUGEMテーマ:洋画



| 23:18 | 映画 な | comments(0) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.