ジョニーは戦場に行った

1971年 アメリカ 112分

「Johnny got his gun」

 

第一次世界大戦、青年ジョー(ティモシー・ボトムズ)は彼女カリーン

(キャシー・フィールズ)の反対を押し切り志願して戦場に赴く事となるが爆撃を受けて顔はえぐられ四肢を失ってしまう、、

軍は大脳の損傷により何も感じないだろうからジョーを負傷した兵士のために実験材料にしてしまうがジョーには感情も意識もあった。

 

カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ/国際映画評論家連盟賞/国際エヴァンジェリ映画委員会賞受賞

 

 

 

この映画はドルトン・トランボ(ローマの休日の原作、スパルタカス)の監督さんが

原作、監督、脚本を手掛けてる有名な反戦映画で実話ですね。

 

私はメタリカのONEのPVを10代の時に見て知りました。。。というのはメタリカのジェイムズとラーズがこの映画を見て影響を受けたらしく作られた曲がONEでPVにこの映画の映像がかなり多く入ってるのです。

 

10代の頃の私にはもの凄くショックな映像で、、、

だって顔が変なのに覆われてるし額から糸はでてくるし、、

「...sos......help me..... kill me....」なんてか細い声で言ってるんですもの。。。怖いよ!!!

当時はネットなんてなかったからなんだか全然わからなくて、、調べられるようになって映画だという事を知りしかも実話だという事でまたショックになり。。。

 

レンタルしたくてもどこにも置いてないんですよ!!調べまくったけどない!!有名な映画なのにね。。

 

そして色んな批評家やレビューを見ると「これが本当の戦争映画」とか「この映画は絶対見るべき」「この映画を見ないで映画好きと語るな」(笑)なんて書かれてるもんだからそりゃ興味沸きます。。

ただoneのPVを見ると凄い憂鬱になるし悲しくなるし、、曲は好きなんだけど覚悟がいるなと思いました。

 

 

が!その映画が今日の火曜NHKBSでやるじゃないですか!!!そりゃー1週間前からドキドキして録画しましたよ。

 

もうね、、冒頭の小太鼓の音がまた恐怖で、、

 

でも見せ方としてはやはり流石のドルトン・トランボ!!!!あの白黒(闇の現実の世界)とカラーで見せる過去の世界。

凄いな、、なんて思っちゃいました。。素人が(笑)

 

感想は、、、あんま書けないな(じゃブログに書くなよって話ですが)

いやーだって絶望一色の世界ですよ、、私みたいのが書けるような話じゃない。

重い映画とかって事じゃなくて、、結構泣きましたけど今まで映画観て泣くのって感動とか悲しい、、切ないだったんですが絶望で泣いたのは初めてでした。でも戦争ってこういう事なんだろうな、、と思ったり、、とは言うものの、、まぁメタリカで随分見ちゃったってのもあると思うんだけど10代で観たショックは今の私にはそこまではなかった。

つか予備知識ゼロで若い時に観るとちょっとトラウマになるかもしれん。。

 

ただ言える感想はさっきも書いたけど映像は凄く良かったですね。ちょっとフェリーニを彷彿させるような場面もあったり古い映画だから画像は荒いけど、、

 

見たい方はしばらくNHKBSをチェックしてるといいかも!!ここでやる映画って再放送あるから。。じゃないとね、、なかなか見れない(レンタル屋にないから!!!)

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画


| 21:42 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
 死霊のはらわた
 1981年 アメリカ 86分
「The Evil Dead」


テネシー州の山の中の別荘に向かった仲の良い男女5人の
アッシュ(ブルース・キャンベル)とスコット(ハル・デルリ)、
アッシュの彼女のリンダ(ベッツィ・ベイカー)と
スコットの彼女のシェリー(エレン・サンドワイス)に
アッシュの妹シェリル(セイラ・ヨーク)。
休日を楽しく過ごすはずが、地下で死者の書と謎のテープレコダーと
を発見し再生してしまう。
そこには悪霊を呼び覚ます呪文が録音されていた。



スプラッターは大の苦手な私、、



死霊のはらわたはスプラッター満載と聞いていたので見てなかったのですが
81年の映画だし、大した事ないだろう〜なんてお菓子ボリボリ食べながら
観たのですが、、、

あぁ、、やはり甘い考えでした、、

途中で気持ち悪くなりビスケッツが食べれなくなりました(笑)
(ちょっと早送りもしちゃいました)



監督はサム・ライミですよ!!知りませんでした、、
エンドロール見てビックリ仰天です!!

処女作なんですね〜今や有名映画スパイダーマンを作る監督です。
22歳の時の作品で出演者はライミ自身の友人達!
しかもブルース・キャンベルは一番男前だから主役ね。って理由(笑)
そして超低予算!!!

そうだよね〜山小屋しか出てこないもんね、、


「このシーンはこうなるでしょ」
と先がわかっていても、、やはり怖い

若干コメディか?と突っ込みたくなるシーンもありますが
久々にタオルで顔を隠して鑑賞しました(笑)

ストーリーもあるんだかないんだか。。って感じなのですが
怖いんですよ!たぶん映像と効果音だと思います。

若い頃からコーエン兄弟と仲良かったみたいで、ジョエル・コーエンが
編集を手伝っています!(どちらかというとイーサンかと思った:笑)



しかしなにゆえ邦題の「はらわた」って??と思ってましたが
ラストシーンであ〜なるほどね、、と納得します。

そしてその辺りのスプラッターはちょっと笑えます!
「何でもありかい!!」と突っ込み多数シーン有り(笑)



いや、、それより、、、どうしても突っ込みたいのは、、

若干ネタバレになりますが、、

顔面に大量の血しぶきを浴びるアッシュですが(見てて結構気の毒、、)
次にシーンが変わると目の辺りだけ綺麗に拭き取られてます、、、

なんというか、、メガネを外した顔みたいな(笑)

拭き取んない方が怖いのに〜と少々残念、、
だってホントに目の周りだけ凄い綺麗なんですよ、、
パンダみたい。。


死者の書も全く怖くないしな、、、


と言いながらも結構長いレビューを書いてしまいました(笑)









JUGEMテーマ:映画












| 22:47 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
 ジェイン・オースティン 秘められた恋
---
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
(2010-03-17)

 2007年 120分 イギリス
「BECOMING JANE」

決して裕福ではないオースティン家のジェイン(アン・ハサウェイ)は
親から裕福な家柄の男性と結婚するようにと迫られていた。
そんな時、ロンドンから法律を勉強中のトム・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)
と出会い恋いに落ちるが、、。


19世紀のイギリス作家ジェイン・オースティンの伝記映画!!

お相手のルフロイ役のジェームズ・マカヴォイ!
なんか凄い似合ってて。。。
女たらしで伯父さんのお金を使いまくってるどうしようもない役なんですが(笑)
なんか、、凄いカッコいい!!!

そんなに元々好きじゃなかったんだけど、、
お話の最後にドンデン返しがあったりして
ますますマカヴォイ素敵〜〜〜〜


ジェイン・オースティンが25歳の時の実話だそうで
生涯に一度のラブロマンス小説、、そして独身。。

昔のイギリスはこんなに貧富の差や女性の自立に対して世間は冷たかったんですね〜

でも本当にジェインは作家になってしまうのだから凄い!!

ルフロイも裁判官になって政治家になるのだから凄い!!!


ラブロマンスって見終えた後
「あぁ、、面白かった。。」となかなか感じるのが少ないんですが
この映画は面白かったですね〜

ちょっと切ないですけどね。。






JUGEMテーマ:映画







| 23:08 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
 ショックプルーフ
1949年 アメリカ 81分
「shockproof」

殺人の罪で刑務所から出てきたジェニー・マーシュ(パトリシア・ナイト)は仮釈放中。
保護監察官のグリフ(コーネル・ワイルド)は住居や仕事を紹介するが、
ジェニーは昔の男ハリー(ジョン・バラグレイ)と密かに会いグリフの目から
逃げようとする、、、。




未公開&未ソフト化なので画像がないです、、、
すみません


監督はダグラス・サーク!脚本はサミュエル・フラーなんですが、
どうも後から会社側が脚本を改ざんしたらしいですね〜
なんとなく弄ったのがわかるような、、、

でも面白かったですよ〜〜〜!!


思いやりが出てて良かったです


ジェニー役のパトリシア・ナイト!!!
綺麗〜〜〜〜ブルネットとブロンドのヘアースタイルがあるんですが
どっちも似合う。。

ブルネットはキャサリン・ヘップバーンにみえた。。
(私だけだと思うが!!笑)



コーネル・ワイルドも良い演技だった!!!

しかしパトリシア・ナイトがあまりにも良すぎる!!!
見てるだけで良いくらい良い!!(笑)


内容はぽんぽん話が進んで行きます。。

へ?と思うとこはあるが(笑)
温かい映画なので忘れちゃいますかね〜


衣装も良いです!!!ジェニーの。。

ウエスト細っ!!!

個人的にはデコルテが開いた白い小さいフリルのドレスが
凄く好き!!!!凄く可愛い!!!!
(白いと言っても、、モノクロなのでよくわからんが。。)





あ〜チョコレートドリンク飲んでる場合じゃないですね、、、、


オススメなので再放送などやってたら是非!!!!










JUGEMテーマ:映画






 

| 23:11 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
 幸せはシャンソニア劇場から
 2008年 チェコ/ドイツ/フランス 120分
「FAUBOURG 36」

舞台は1936年、戦前のパリ。不況で不動産屋のギャラピア
(ベルナール=ピエール・ドナデュー)に取り上げられてしまう
シャンソニア劇場。長年裏方の仕事をしていたピゴワル(ジェラール・ジュニョ)
は失業し愛する子供とも離ればなれになってしまう、、。
しかし仲間のミルー(クロヴィス・コルニアック)やジャッキー(カド・メラッド)達
ともにに劇場を取り戻そうと奮闘するが、、。


2009年ルミエール賞、金の星賞受賞ーノラ・アルネゼデール



製作はジャック・ペラン!あのニューシネマパラダイスの成長したトト役の人です!
そして監督はクリストフ・パラティエ!ジャック・ペランは叔父!!!

宣伝で「ニュー・シネマ・パラダイス」のような映画!
みたいな事を言ってた(ような気がしました)!
それでは観ないとね!と思い行ってきました


とても良かったですね〜〜〜!!!!
いい映画です!!!!!!!!!!!

ピゴワル役のジェラール・ジュニョが凄い良い!!!
暖かくて、、、凄い波瀾万丈人生歩んでるけど(笑)


そしてみどころは!!!大型新人の19歳!ノラ・アルネゼデール!!!
凄い美人で凄い歌が上手い!!!!
彼女の歌うシャンソンは素晴らしいです

でも髪型は最初の頃の方が好き(笑)




音楽がとても素敵な映画で〜
アコーディオンが多く使われてる映画なのですが
アコーディオン、、良いですね。。

でも凄い重いらしい、、、

で、凄い高額らしい、、、

知人が最近購入したのだが重くて持てないと聞いた。。

しかし自分も欲しくなった←やめとけ三日坊主。。




ポロポロ泣いてしまう映画ですね〜
ニューシネマパラダイスにちょっと似てます。。
(ニューシネマ〜は大号泣だけど:笑)


雪の降る下町のフランスはとても素敵でした!









JUGEMテーマ:映画






| 00:24 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
 終身犯
 1961年 アメリカ 148分
「BIRDMAN OF ALCATRAZ」

すぐにカッとなる性格のストラウド(バート・ランカスター)は
恋人に乱暴した男を殺してしまい刑務所にいるのだが、
母親の面会を許さなかった看守も刺してしまう、、、
死刑になるはずが母親の努力で終身刑に減刑されたストラウド。
ある日、運動場で雀のヒナを拾う事でストラウドの運命を大きく変える事になる。



トム・ギャディス原作「アルカトラズの鳥男」の映画化!!

なんと実話です



といっても自分は邦題の「終身犯」しか見てなかったので
まさか鳥がでてくると思わなかった!!!

この映画、派手な見せ場なぞはありません。。
淡々と刑務所生活が流れます。。
だからといってつまらない映画ではないのですよ!!
重い映画ですが、とても良い映画です。。




このランカスター演じるストラウド。。

小学校もろくに出てないのに、独学で勉強をし
教授レベルを超える鳥の研究をするのです!
そして鳥の病気に関する本などベストセラーになって大ヒット!
本当〜これが実話なのだから凄すぎる。。


そして刑務所長のカール・マイデンとランカスターとのやり取りが
面白い!!!本音で話し合うシーンはとても良いです!!
かなり賛美両論が多いのですが
何が正しいとか悪いとかで観ない方がいいかもしれません。。

このカール・マイデン。。
毎回色んな映画でいい味だしてて!存在感があって好きですね〜!






白黒映画なのでよくわからないんだけど
アメリカの雀と日本の雀って結構〜違うんだな。。
とくだらない事を思いました(笑)
因みに!カナリアがたくさん出てきます〜〜〜!!
白黒だからよくわからないけど。。








JUGEMテーマ:映画





| 22:44 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
 死刑台のエレベーター
ルイ・マル,マイルス・デイヴィス,ロジェ・ニミエ
紀伊國屋書店
(2006-06-24)
1957年 フランス 94分
「Ascenseur pour L'echafaud」

未開地開拓会社で働くジュリアン・タベルニエ(モーリス・ロネ)と
社長夫人フロランス・カララ(ジャンヌ・モロー)は密かに愛し合っていた。
二人幸せに暮らすため、社長でありフロランスの夫シモン(ジャン・ヴァール)
を殺害したジュリアン、、。
しかし現場に証拠を残してしまい、慌てて取りに戻るが
エレベーターの中で電源を落とされてしまい閉じ込められてしまう、、。


原作は推理小説のノエル・カレフ!!
ルイ・マル監督のデビュー作品!なんと25歳!!!


この映画。。10代の時に観たはずなんだけど、、
いまいち覚えてない(笑)
なんだか最近覚えてないなぁ〜忘れるな〜

なのでまた観てみたワケですが。。

おっもしろい映画だった!!!
サスペンスなんですが、本当にハラハラドキドキどんっ
圧迫感と焦燥感が映像から溢れている、、。
音楽はマイルス・ディヴィスなんですが、
トランペットが凄い切ない、、、そして素晴らしい!

撮影はアンリ・ドカエ!
ジャンヌ・モローが歩くとカメラも揺れるというか手持ちなのかな?
そしてモノクロなので陰影が素晴らしい。
とても雰囲気のある映像。。


面白話としては!ルイ・マルがちょい役で出演してます!
モーテルでチェスしてる人ね。。(後ろ姿:笑)

そして大好きなシーンですね!!!
それはラスト!!!!!
もうジャンヌの指が綺麗で〜〜〜

しかしここで小さな疑問が、、、、

ネタバレになるので見たくない人は下記を見ないで下さい!!!
         ↓













ラストシーンね。。
フロランスとジュリアンが愛し合ってる写真。。
とても良い写真ばかりなのだが、、、、

誰が撮ってる????と気になって気になって、、、

だってねぇ〜2人きりだったらね〜〜
どちらかがカメラ持つでしょ、、、
そうするとカメラ持った方がシャッター押す時2重アゴになるでしょ〜〜

とかどうしようもない事が気になって仕方がなかった、、、





JUGEMテーマ:映画



| 00:00 | 映画 し | comments(2) | trackbacks(0) |
 幸せのレシピ
キャロル・フックス
ワーナー・ホーム・ビデオ
(2008-10-08)
2007年 アメリカ 104分
「NO RESERVATIONS」

マンハッタンの高級レストラン「22ブリーカー」の料理長であるケイト
(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は完璧主義者の真面目人間。
ある日ケイトの姉が交通事故で他界してしまう、、残された幼い娘ゾーイ
(アビゲイル・ブレスリン)を引き取る事になったケイト、、
一方、仕事場ではケイトの知らぬ間にニック(アーロン・エッカート)という
スーシェフが雇われていた、、
心を開かないゾーイとケイトとはまるで正反対の陽気なニックに
苛立つケイトだが、、、。


ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のリメイク!!!

マーサの方は観てません〜〜汗(これから観ます〜!)

こちらの「幸せのレシピ」!
観てるうちにラストの予想はできてしまうのだが(笑)
ほんわかしてて、良かったです〜〜〜!

ジャンルはラブコメになるんだろうけど、、
私はどちらかというと、、ケイトと姪っ子のゾーイとの関係が
良かったです。。

そう!ゾーイ!!!!
リトル・ミス・サンシャインのあの子役のアビゲイル・ブレスリンです!!

可愛いかった〜〜★
将来が楽しみな女優さんですね!

後はケイトのキャサリン・ゼタ・ジョーンズですね!
強い役に彼女はピッタリ!!
睨み方とか〜本当に怖いし(笑)
上司だったら怖いよなぁ、、、
美人だからうっとり眺めそうだけど。。。


料理って、作るだけじゃダメなんだなぁ〜と思うような映画でした。。




JUGEMテーマ:映画



| 23:36 | 映画 し | comments(2) | trackbacks(0) |
 幸せのポートレート
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2007-01-26)
2005年 アメリカ 103分
「The Family Stone」

個人主義のキャリアウーマン!メレディス(サラ・ジェシカ・パーカー)
は恋人のエヴェレット((ダーモット・マローニー)
とクリスマスを彼の家で過ごすためやって来た!
しかし、頭の固いメレディスと個性的な大家族のストーン家では
いまいち相性が悪い、、馴染もうとメレディスは奮闘するが、、。


SATCのサラ・ジェシカ・パーカー出演の映画!

予告を観た時、絶対行かなくては!!
と思った!!けど逃した、、ので家で大人しくWOWOW鑑賞。。

感想ですが、、

う〜〜〜〜〜ん〜〜〜〜

サラに期待しすぎてたイケナイ自分がいました。。

どうもSATCのイメージが強すぎるのかもしれない、、
でもキレるシーンはキャリーがキレてるのかと思いましたが(笑)

なるほど〜サラは何かの雑誌のインタビュ−で(ヴォーグかな?)
SATCのキャリーのような役はやらないようにしていると言ってたっけ。
ドラマもヒットすると大変なんだな。。


話は映画に戻りますが!!
前半は良かった〜〜〜〜〜のだが、、、、ラストが、、、あれ?



「へっ?それでいいんですかい?」



というような感じ。

ちょっと感情移入はできなかった(笑)
しかし、エヴェレットの母親役にダイアン・キートンなのだが!
さすがですぴかぴか
素晴らしい演技力、、というか存在感が凄かったです(笑)







JUGEMテーマ:映画



| 00:28 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
 シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン
スタンリー・キューブリック,スティーヴン・キング
ワーナー・ホーム・ビデオ
(2001-08-23)
1980年 イギリス 119分
「THE SHINING」

舞台はコロラドの山中のホテル。冬期は雪が凄くホテルは閉ざされているのだが
そのホテルの管理をジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)と妻の
ウェンディ(シェリー・デュヴァル)、息子の息子ダニー(ダニー・ロイド)が
する事になるが、、。


これまた大好き監督スタンリー・キューブリック!!!

ホラー映画というより恐怖映画。。

ジャック(ジャック・ニコルソン)がホテルの霊に
取り付かれて、徐々に狂気に満ちていくのだが〜

なんせジャック・ニコルソンの顔が怖い!
このジャケの顔も相当怖い(笑)

恐怖におののく奥さんウェンディも相当怖い、、

息子のダニー(ダニー・ロイド)は凄く可愛い!
でもその可愛さがまた怖い、、


原作のスティーブン・キングだが、、、
話が原作と全く違うらしくスティーブン・キングは激怒したらしい。
ジャック・ニコルソンが主役なのも気に入らないらしい。。

実はこの「シャイニング」!ラストが削られてるんですよ〜
なんでキューブリックは削ったんだろう?
上映してくれないかな〜


後は奥さん役のウェンディ(シェリー・デュヴァル)!

実は80年代に放映されてた童話シリーズ「フェアリー・テール・シアター」
の製作総指揮を手掛けて多くの賞を受賞しているお方!!!

夏にユーロスペースでその「フェアリー・テール・シアター」
が上映されてたんだけど、、暑くて行かなかった、、、
レイトショーだったけど、、

今更ながら大後悔、、、(涙)



話がちょいと逸れましたが!とても面白い映画です!!
一応、お化けは出てきますがジャック・ニコルソンの方が怖くて
お化けは全く怖くありませんでした(笑)





JUGEMテーマ:映画



| 23:52 | 映画 し | comments(0) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.