スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 さらば青春の光
---
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
(2004-09-29)

 1979年 イギリス 115分
「The Quadrophenia」 

1965年のロンドン。広告代理店でメッセンジャー・ボーイをしてるジミー
(フィル・ダニエルズ)は週末になると細身のスーツに身を包み、髪を整え
モッズ達の仲間とドラッグ、女、クラブで遊びまくる日々を過ごしている。
革ジャンにバイグのロッカーズとの敵対関係が酷く海辺のブライトンビーチで
暴動騒ぎを起こしてしまうが、、。


The Whoのアルバム「四重人格」を元に作られた有名な映画ですね!!!
若い時に見たと思うんだが、、何がなんだかわからないまま終わったような、、
なので大人になった今もう一度観てみました!


いやぁー大人になってから見るととても良い映画だった!!
良い映画というか、、最後の方は観てて切なくて辛かったな。

誰もが一度は経験するんではなかろうか??
いやドラッグできめちゃってるって話ではないですよ(笑)
反抗期の頃というか、、やるせない気持ちになるお年頃。。
いつかは快楽、遊びを終わりにしなくてはいけない
子供から大人に変わる時ですかね。


若いときって何でもできるって思っちゃうしね!!
実は何もできないんだけど、、それに気がつく瞬間とでも言いましょうか!


これがザ・青春か?!(笑)
映画のタイトルは日本語にすると「四重人格」ですが
凄くうまく表現できてると思います。
邦題のさらば青春の光のタイトルにしたのもマッチしてますよねー。。

本当にさらば青春の光ですもん。

大人になっても好きな事をやり続け今でも青春だ!というのはあると思うのですが
やはり自分は無敵だ!!という無謀さは大人になるともたないしね、、

ジミーは見ててイライラするぐらいなっさけない男の子の設定なんですが。。
皆こんなもんだよなー(笑)
エースのスティングみたいなカッコよくてクールな人なんて
いないわよ。。働いてる姿こそカッコいいわ。。


音楽はさすがです!マイジェネレーションが流れて皆が楽しそうに盛り上がってる
シーンでは「うわっ!!私も混ざりたい!!!」と本気で思ってしまった(笑)


ファッションはオーダーで作る細身のスーツに髪は綺麗に梳かしてモッズコートで
ランブレッタ、ベスパにまたがるのですが。。
ここで一つ疑問、、、、

対立するロッカーズは50年代から60年代にかけて
アメリカに影響受けた人達。。革ジャンにゴツいバイクで
リーゼントみたいなマーロンブランドやプレスリーとかね。。

モッズはアメリカからの独立宣言を意味してるような
イギリスファッションとしているスーツにスクーター。。

ここまではわかる。。だけど何故M-51なんだ?(モッズコート)
米軍の物じゃないか、、いくらデッドストックだからって
そこまでの独立宣言はなかったって事??
それともホコリよけに着てたからいいと言う事??
米軍の物を着るからって独立とは違うという事なのかな、、
ま、そういう事か、、

なんだか書いてるうちに納得、、、←単純


そういや昔々、、モッズ集会とかあったよね!ラフォーレの前とかで。。
(モッズメーデーか)

余談だがワタクシ実はモッズファッション大好き!!!
若かりしき頃は、雑貨屋さんとかで働いてるモッズファッションの男性とかいると
友人に「私あの人好き!!!」とウキウキしながら言うと
「あぁ〜モッズだもんね、、」と返されたのを思い出したわ、、

あぁ。。私はなんてミーハーなんだろうか(笑)






JUGEMテーマ:映画


| 00:20 | 映画 さ | comments(0) | trackbacks(0) |
 サンシャイン・クリーニング
 2008年 アメリカ 92分
「SUNSHINE CLEANING」

ハウスクリーニングをしながら女手一つで小学生の息子
オスカー(ジェイソン・スペヴァック)を育てるローズ(エイミー・アダムス)
はある日、不倫相手の警察官マック(スティーヴ・ザーン)から
「事件現場のクリーニングをしてみないか?」
と持ちかけられる。ローズは妹のノラ(エミリー・ブラント)と一緒に
見よう見まねで始めてみるが、、。


あの「リトル・ミス・サンシャイン」のチームが作った映画!
サンシャインクリーニング!!!

絶対に面白くないわけがない!!(笑)

この映画、実在するモデルがいるんですよね〜
ホントに女性2人がこの仕事を始めて、それを聞いて映画を作ったらしい。。

予告でもちょっと笑えたし、宣伝にもコメディみたいな事が
書いてあったので楽しみにしてましたが、映画館で見れなかった
ので家鑑賞!!!



いや〜面白い映画でした!!

ファミリーものですが、ホントに心が温かくなるような、、、
前向きになる感じの映画です!

所々で笑うところはあるけれど(1度がははっはとは笑ったが)
そんなコメディ、、、って映画ではないような、、、

あと、好きなところはこの映画。。わざとらしくないところですかね。。

わざとらしいのも有りなんですが!(それはそれで楽しい)
あんまりわざとらしいと家族という生活感がなくなってしまうし、、
家族だからこそ、弱さを見せれないというところが凄く良かったです!


子役のオスカー君も可愛かった〜〜〜!!!


まったり見たい時にオススメな映画です!




JUGEMテーマ:映画




| 22:16 | 映画 さ | comments(0) | trackbacks(0) |
 サボテンの花
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2005-09-28)
1969年 アメリカ 105分
「Cactus Flower」

独身主義の歯医者ジュリアン・ウィンストン(ウォルター・マッソー)は
「妻と子供が3人いる」と嘘をついて恋人トニー(ゴールディ・ホーン)
と交際をしていた。しかしトニーが自殺未遂をしてしまい、、
ジュリアンは結婚を決意するがトニーに奥さんに会わせてくれと懇願されてしまう。
ジュリアンは慌てて看護師ステファニー (イングリッド・バーグマン)
に奥さん役を頼むが、、、。

第42回アカデミー助演女優賞ーゴールディ・ホーン
第27回ゴールデン・グローブ賞ーゴールディ・ホーン


イングリット・バーグマンのラブコメもの!

バーグマンのラブコメって一体どんなの?と思って観たのだが。。。
面白かった〜〜ぴかぴか

このオスカーを手に入れたゴールディ・ホーン!
衣装が凄く可愛い!!髪型が凄く可愛い!!!!
最初のシーンでスリッパを履いてるのだが
スリッパも可愛い!
てかパンツ見えてますけど(笑)


ステファニー役のイングリッド・バーグマンだが、、
最初地味すぎてわからなかった。。
でもさすがバーグマン!!!という演技!

ダンスのシーンがあるのですが。。

なんで??
なんで???
なんでこの時代の映画に出てくるダンスはみんなこうなのだ???

最初ギャグだと思っていたが、、
どの映画もこんな感じのダンスを踊っている、、、、
これが普通なのか?
カッコ良かったのか?
それともこの時代のギャグのダンスなのか?



わからん。。



この間の81回のアカデミー助演女優賞のプレゼンターをつとめた
ゴールディ・ホーンだが、、、、

あまり、、今と昔と姿が変わっていない、、、

「凄いな、、」と誰もが呟くと思う。











JUGEMテーマ:映画



| 23:39 | 映画 さ | comments(2) | trackbacks(0) |
 殺意の香り 
1983年 アメリカ 91分
「Still of the Night」

NYマンハッタン、、駐車場である男が殺されているのが発見される。
彼の名はジョージ・バイナム(ジョセフ・ソマー)オークション・ギャラリーの
経営者である。そして彼は精神分析医のサム・ライス(ロイ・シャイダー)の
患者でもあった。ある日、サムのところへジョージの助手だったと言う美しい女性
ブルック・レイノルズ(メリル・ストリープ)がやってくる、、
ブルックはジョージが彼女の家に忘れていった腕時計を彼の妻に返してほしい
と頼み去っていく、、その後殺人課のヴィトゥッキ刑事(ジョー・グリファシー)
がサムのところを訪れ、犯人は女性であるかもしれないと告げられるが、、、


監督は「クレイマークレイマー」のロバート・ベントン!
撮影はネストール・アルメンドロス!

ネストール・アルメンドロスというと〜
エリック・ロメール、フランソワ・トリュフォー、ジャン・ユスターシュ
が作る映画の素晴らしいカメラマンぴかぴか


今書いてて気がついた、、

自分、、カメラマンが好きなんだな(笑)




お話はちょっとヒッチコックを彷彿させるものがあるぴかぴか
サスペンス映画!!


そして主役のメリル・ストリープが凄く綺麗〜〜!!
プラチナブロンドのボブヘアーがとても素敵ぴかぴか

そういえば、メリル・ストリープって前髪作った事ないんだな、、
いつも長いよな、、前髪。。




ジョージが見る夢というシーンがあるのだが、
その夢がとてもシュールで自分は好きなところです。。






JUGEMテーマ:映画



| 23:36 | 映画 さ | comments(0) | trackbacks(0) |
 ざくろの色
---
コロムビアミュージックエンタテインメント
(2004-06-23)
1971年 ソ連 73分
「The Colour of Pomegranates」

18世紀アルメニアの詩人サヤト・ノヴァの生涯を描いた映像詩映画。
:第一章 詩人の幼年時代
:第二章 詩人の青年時代
:第三章 王の館
:第四章 修道院
:第五章 詩人の夢
:第六章 詩人の老年時代
:第七章 死の天使との出会い
:第八章 詩人の死


監督セルゲイ・パラジャーノフとは旧ソ連の最高監督の一人と言われたお方ぴかぴか

これはサヤト・ノヴァの伝記映画ではない、、
いやだって、この映画を見終えてもサヤト・ノヴァの事が全くわからない(笑)
(理解できる人もいるんだろうけど、、)

二十歳頃に深夜で観た映画だったのだが、、、
当時の私にゃ全くわからん(笑)
しかしこんな映画があるのか!!と鳥肌が立った記憶があります。

台詞もほとんどなく、俳優さん達も無表情。
「ざくろの色」は感覚で観る映画。。。

絵本を1ページずつゆっくりとめくるような、、
ソフィコ・チアウレリがとても綺麗な顔でからくり人形のような演技をします。。
しかも1人複数役で出演です!!!

映像美で凄く色彩が綺麗〜!

私の中で映像美とは大きく2つに分けると
ナチュラルな映像美と作り上げた映像美。。

ざくろの色はコテコテに個性的な映像美!!

しかしただ綺麗なだけじゃなく、怖くもあり悲しくもあり
鳥肌が立つ美しさもある。。。

私の中では個性的映像美ベスト1の映画です!!チャペル


しかし反ソ連の危険人物とされその他の映画も却下されてしまい
1974年に不当な投獄をさせられてしまうパラジャーノフ、、
この映画の本作は私達の目に触れる事はできず、、
バラバラになったフィルムからセルゲイ・ユトケーヴィチが再編集したもの。

パラジャーノフは生涯4本の映画しか撮る事できなかったという、、
残念でなりません。。


でもだいぶDVD化してるらしいので、普段DVDを買わない私も
パラジャーノフのだけは買おうと思っている!!!
(デッキ持ってないけど:笑)




JUGEMテーマ:映画



| 23:53 | 映画 さ | comments(0) | trackbacks(0) |
 さらば、ベルリン
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
(2008-02-08)
2006年 アメリカ 108分
「THE GOOD GERMAN」

舞台は1945年、ドイツ降伏後のベルリン。
ポツダム会議の取材に帰って来たアメリカ人記者ジェイク(ジョージ・クルーニ)
は以前に不倫関係にあった数学者の妻レーナ(ケイト・ブランシェット)と
再会するが、、彼女は何か秘密を抱えていた。

ジョゼフ・キャノンの小説『さらば、ベルリン』の映画化。

40年代の古典映画を意識して作られたらしい、、

そう、私は40年代映画ファン!!!

観た瞬間は「おぉ〜カサブランカみたいじゃないか!」
と思った。。
そして白黒映画でなお強調されるケイトの頬の痩けた顔!
若干だがディトリッヒっぽく見えてくる、、

でも内容は40年代ではなかった〜〜


そして当時のベルリンが観れるかな?と思ったが、、、
そうでもなかった。。

ドイツ人には評価が低いらしい、、
やはり戦争ものを映画にするのは難しいですね。。


後ですね、、モノクロ、、光と闇の照明で凄く雰囲気は良いのだが、、
集中して観ないとわからなくなる(笑)

私は途中でわからなくなってきた(笑)

何がわからなくなったか?というとですね、、
ソ連軍とアメリカ軍の見た目の違いがわからん。。

モノクロの陰影が強くて、どっちがどっちかわからんのですよ〜


っていうか、ボケッと観てた自分がいけないんだな。。










JUGEMテーマ:映画



| 22:27 | 映画 さ | comments(0) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.