ガーディアンズオブギャラクシーリミックス
2017 アメリカ 136分
「Guardians Of The Galaxy VOL2」

前作に続きクイル(クリス・プラット)とアライグマのロケット(ブラッドリー・クーパー)と木のベビーグルート(ヴィン・ディーゼル)と美人でクールなガモーラ(ゾーイ・サルダナ)とマッチョなドラッグス(デイヴ・バウティスタ)が家族の愛をテーマに戦うストーリー。


今回のガーディアンズ(略してGOGR)は張り切って見てきましたよー!ええ、楽しみだったんですo(^▽^)o

先ずは先週に木場まで行きましたよ!そうです。。IMAXで見てきました!初です。どんなもんかと思いましたがイイですね〜〜普通の映画館じゃ物足りなくなりそうです(^^;)凄い映像も綺麗で?音響もイイです!最初のシーンなんか音の振動で椅子ちょっと響いてたもんね!

映画最高でした!あまりネタバレになるので書けませんが笑いました!面白かった!そして泣く!車だったらいいんだけどさ〜この日は電車で来たのでぐちゃぐちゃ顔で帰るわけにはいかず、、かなり堪えました。。といっても号泣しましたけどね(笑)

で、あまりにも良かったので次の週はMX4Dで観に行きました!これまたほとんど吹替のとこばかりで、、調べてみたら汐留と新宿と六本木なら字幕のMX4Dがあり午前中やってるのが六本木オンリーだったので行きましたよ、、朝のラッシュにもまれながら9時到着ですよ(笑)

で前回IMAXでもらった3Dメガネが私のデカい顔によくあったのでこれ持ち込みで行ったんですね。そしたら見えないの!!3Dにならないの!焦って入り口のお姉さんから100円で買ったわ!!3Dメガネに違いがあるなんて知らなかったよ(。・ˇ_ˇ・。?)

つかね、4Dってどうなの?という事で観た事があるお客様に聞いてみたら大したことないとの事だったんでなめてたんですね。。無謀にもポップコーン買いましたよ(笑)とはいっても大体予告で食べ終わっちゃうから問題はないんですけど。

まぁー凄かった!これどこが大した事ないんだ?何度も椅子からずり落ちそうになってドリンクホルダーに終始捕まってたわ(汗)もうね、完全にアトラクションですよ、、フロリダのディズニーにGOGRのアトラクションが出来たって聞いたからフロリダ行きたくてたまらなかったけど、これで充分です\(^o^)/

ただスクリーンが通常サイズなので物足りない、、またIMAXで観たくなっちゃった!もうちょっと前で見ればよかったわ、、

そしてまた私は同じ所で爆笑しました!で、また同じところで号泣しました(笑)よかったわーーー本当に良かった!前作よりかなり良くなってると思う。。また観たい、、もうすぐローガンになっちゃう!終わっちゃう!行ける方は是非今月中に!どちらが良い?と聞かれてもIMAXとMX4Dは全然違うタイプなんですよね、、うーんー両方オススメします(笑)






| 08:00 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 飾窓の女
ナナリー・ジョンソン
ジュネス企画
(2008-05-26)

 1944年 アメリカ 100分
「THE WOMAN IN THE WINDOW」

大学教授のリチャード・ウォンリー(エドワード・G・ロビンソン)はある夜、
酔って歩いているとショーウインドウの中にある1つの肖像画に目が止まる。
それはとても美しい女性、、するとウォンリーの背後から絵と同じ女性アリス
(ジョーン・ベネット)が現れた。アリスに誘われるまま彼女のアパートへ行くが
思いもよらぬ事件に巻き込まれる事になる。





40年代のサスペンス映画!!!!

とても面白かったです〜〜〜〜!!



実は、、ワタクシ、、40年代の映画が一番好きなのです

アリス役にジョーン・ベネットが出演してるのですが!
この方、、、凄い綺麗ですよ〜〜〜

正統派美人という感じです。。


主人公のリチャードの演技がとても良いです!!

あらすじにも書きましたが、リチャード、、、会ったばかりのアリスに
ついて行ってしまうんですね(笑)

あ〜もう〜よく行くな、、、とじれったかったです。。が!
やはり絶世の美女に言われたら行っちゃうんでしょうね(笑)



サスペンスなのでヒッチコックなみに〜どんどん追いつめられますが(笑)


ラストは想像もしなかったオチがあるので面白いです!!!

オススメな1本です












JUGEMテーマ:映画



| 23:41 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 怪談片目の男
 1965年 日本 84分
「怪談片目の男」

恩田産業の社長である恩田晃一郎が水死体で発見された。
妻の美千子(中原早苗)と不倫関係にあるカメラマンの下田(川津祐介)に
恩田産業の専務大西(三島雅夫)に秘書の圭子(安城百合子)、
恩田から保護を受けている雪子(北条きく子)に1人で突然来た幼い少女陽子
(北条純子)に親戚で検死をした医師の深沢(上田忠好)の7人は
見知らぬ弁護士の宇野から相続に関する呼び出し状を持っており
別荘に集まるが怪事件が頻発する。



「妄執、異形の人々」のシネマヴェーラで鑑賞



西村晃主演の怪談シリーズです!(って2本だけど、、)
前作「怪談せむし男」はまだ観てないのですが、、
片目男を先に観させてもらいました!

残念ながらソフト化はされてないので画像が載せれないです
という事でかなり貴重な上映なのですよ〜〜〜!!
しかもニュープリントだったので綺麗でした〜〜!
ラストもこれでもか!というくらいドンデン返しが待ってるので
面白かったですね〜〜〜!!



内容は、、
怪談というよりサスペンスですね。。

ただ、映像からおどろおどろしさは溢れています(笑)


西村晃さんですが!(水戸黄門様2代目のお人ね)
昔からあまり変わらないですねぇ〜〜〜

神父さんスタイルでサングラスをかける姿は怖いです(笑)


そして笑うシーンじゃないんだけど笑ってしまうのが、、




しょぼいコウモリ(笑)




だって!!おもちゃなのがバレバレで
飛んでくるシーンで笑ってしまった。。

しかも何匹もいますから!!

やけにデカく見えるし(笑)

でも1匹は立派だったけど、、、

ちゃんとボディ〜に毛生えてたし、、、

鳴き声凄いし、、、、

ありえん(笑)





あとは〜うさん臭い専務の大西です!!

これだけ怪しさが出せれば完璧ですね(笑)


そして、、

美千子役の中原早苗!!!!

凄い美人で小悪魔の可愛らしさたっぷり
衣装も可愛い
メイクも良いいいいいい
ショートボブの髪型も完璧です








しかし。。(ネタバレになるのであまり言えないが)

あの墓地は、、

あれで大丈夫なんだろうか?

と思ったのは私だけだろうか?







JUGEMテーマ:映画







| 23:05 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 影なき狙撃者
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2007-08-25)

 1962年 アメリカ 126分
「The Manchurian Candidate」

朝鮮戦争が終わり名誉勲章を受賞した
レイモンド・ショウ(ローレンス・ハーヴェイ)!
しかし軍隊仲間のマルコ大尉(フランク・シナトラ)は毎晩悪夢にうなされる日々。
夢の内容は不思議な園芸クラブのマダム達に中共軍、毛沢東にスターリンのスクリーン
の中、レイモンドが軍隊仲間を殺す所で目が覚める、、。
実はマルコ大尉率いる米軍9人は洗脳実験の被害者だった。


監督はジョン・フランケンハイマー!
終身犯を撮った方ですね。。
原作はリチャード・コンドン!

このお話は「洗脳」です。

いやぁ〜怖いです


最初は見てて、、よく意味がわからないと思ったが
だんだん「あ〜そういう事だったのか」と(笑)



洗脳シーンが凄くて
園芸クラブマダム達と毛沢東とスターリンのスクリーンの中で洗脳について
演説する学者イェン・ローがかなり不気味。。

てかこの説明↑じゃわからないですよね(笑)

このシーンはインパクトが凄くて
私には衝撃的でした

しかも毛沢東の横並びにサイズは小さいが日本人の写真があるじゃないですか!

なんかどっかで、、と思い調べてみたら岸信介だった!!

ひょえ〜〜〜〜




しかし。。洗脳によるスパイ映画って多いですね〜
まぁ、、現実にあるからなんだろうけど、、

怖い〜〜


ラストも凄い衝撃的です!!!

「えええええ!!!!そうだったのか!!!」とびっくりします。


びっくりしてから数秒後、、あ。。自分これ昔観たわ、、と気づきました

あ、オープニングも凄いセンスが良いです!!!
ちょっと不気味さがありますかね(笑)





2004年にはデンゼル・ワシントン主演でリメイクされてます。
メリル・ストリープも出てますね!!!「クライシス・オブ・アメリカ」です!
まだ見てませんが監督がジョナサン・デミなんで(羊たちの沈黙の監督さん)
これも怖いでしょうね。。。









JUGEMテーマ:映画








| 23:47 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 かわいい毒草
 1968年 アメリカ 90分
「PRETTY POISON」

舞台はニューイングランド。デニス(アンソニー・パーキンス)
は町の工場で働いているが彼には前科があった、、、
家に放火し叔母を焼死させたのである。
そんな彼がある日、女子高生スー・アン(チューズデイ・ウェルド)
と親しくなり激しい恋に落ちるが、、。



ヒッチコックの「サイコ」に出演のアンソニーパーキンス
がまたまた怪演ぶりを発揮!!
今度の役は精神病院に収容されている妄想癖の強い男性の役。





怖〜〜〜い〜〜





まぁ。。
アンソニー・パーキンスよりスー・アン(チューズデイ・ウェルド)
が怖いんんですけどね、、、

一見凄い可愛いし!小悪魔チック(笑)
だから題名が「かわいい毒草」なんだろうけどね〜〜




いやぁ〜女は怖いです(笑)




これはブラックな映画です!
サイコにみたいに追いつめられたりはしないんだけど
ブラックジョークというか、、ブラックコメディというのか?

明るい映画では決してないんだけど、、
なんて言ったらいいのかな、、
私は好きな映画ですがね



残念なことに、、日本ではソフト化してないと思います。。
海外ならしてるんだが、、すればいいのにねぇ〜〜


なので画像はポスターです!!!








JUGEMテーマ:映画





| 23:57 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 風と雲と砦
井上靖
角川ヘラルド映画
(2007-02-23)
1961年 日本 93分
「風と雲と砦」

時は戦国。武田信玄が徳川領に攻め入った時、徳川の雑兵に
左近八郎(勝新太郎)・山名鬼頭太(小林勝彦)・俵三蔵(三田村元)
の3人がいた。
・左近八郎(勝新太郎)は最後まで戦い続け、城主設楽貞通の身代わりとなり
武田方に捕われ間者となるが、、。
・山名鬼頭太(小林勝彦)は腰元みゆき(近藤美恵子 )に思いをよせているが
みゆきは八郎に惚れていると知り武田の捕虜になる、、。
・俵三蔵(三田村元)は野武士となり首領の情婦ひめ(江波杏子)に惚れられる。


原作は井上靖!監督は森一夫!!の戦国時代劇ぴかぴか


戦国ものと聞いて、男気のある映画なのかな?と
思い観てみたが、、普通に恋愛ものだった!

珍しいですね。。戦国恋愛映画(笑)

左近八郎役に勝新太郎なんだけど、、
最初誰だかわからなかった。。
ひめ役の江波杏子はすぐにわかったんだけどたらーっ
凄い綺麗でしたね〜〜〜やはり美人は今も昔も美人なんだな、、
とつくづく思った。。
でも俵三蔵(三田村元)への惚れ方が尋常じゃない(笑)

なんというか、、
男3人女3人のお話ですね。。
しかも全員片思いという(笑)

戦国というと〜負け戦だろうがなんだろうが討ち死に覚悟のイメージ
があるんだけど、、、これは違った!


あとは〜〜
すみません、、役者さんですが実はワタクシ、、
勝新太郎さんしかわからず、、
小林勝彦さんと三田村元さんがよくわからず、、
話がゴチャゴチャになりました。。
なので途中巻き戻したりしてました、、、(ビデオならでは:笑)








JUGEMテーマ:映画



| 23:13 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 華麗なる大泥棒
1971年 フランス 120分
「LE CASEE」

アザド(ジャン=ポール・ベルモンド)率いる!ラルフ(ロベール・オッセン)
レンジー(レナート・サルヴァトーリ)エレーヌ(ニコール・カルファン)
の4人は宝石泥棒。
彼等はある富豪の家に3億フランのエメラルドを盗みに入る。
それに感づいた悪徳警官ザカリア(オマー・シャリフ)もエメラルドを
手に入れようとアザドを執拗に追いかけるが、、。


監督は「地下室のメロディー」などを手がけたアンリ・ヴェルヌイユ!

主演は大好き〜素敵ジャン=ポール・ベルモンドときめき

映画の画像はなかった、、のでサントラのジャケ。。
エンニオ・モリコーネ〜 オリジナル・サウンドトラックです!


いやぁ〜面白かった!!!!!

フランス映画なんだけど軽快でちょこちょこ笑いがあって面白い!
アザド演じるジャン=ポール・ベルモンドですが、
いつもタバコを吸うとき、間違えるのです。。
何て言ったら良いのかな?吸う方と火をつける方と必ず間違えてる(笑)

後はですね!彼はスタントなしでアクションする俳優さんです。
最初のシーンはジャン=ポール・ベルモンドじゃないと思うけど、、

○○から落ちるシーンは彼です!!!
最初人形じゃないの?と思ってしまうくらい、、、凄いシーンです!
(一応、どこから落ちるかは伏せました:笑)

凄い落ち方なのに、すくっと立ち上がって普通にひょこひょこ歩いてるし、、ひやひや



この映画はどちらかというとルパン三世ですね!

この映画では悪徳警官なんで銭形のとっつあんとはちょっと違うけど、、
アザド(ジャン=ポール・ベルモンド)は完全にルパンだ!!!


アザドは「いつも余裕〜」なんて顔してるから
ちょっと安心して観れるオススメ映画です!

ただ、、DVDは出てないかも。。。
アマゾンで見たらVHSで定価高っ!!!!







JUGEMテーマ:映画



| 00:02 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 回転
ウィリアム・アーチボルド,トルーマン・カポーティ
紀伊國屋書店
(2007-08-25)
1961年 イギリス 101分
「The Innocents」

ヘンリー・ジェームスの小説「ねじの回転」の映画化。
古くて大きな屋敷に少年と少女、、、ミス・ギデンス(デボラ・カー)
が彼等の家庭教師として招かれるが、、。
(画像は本です。)


脚本がトールマン・カポーティの映画!
あの名作ゴシックホラーです!

子供が出演するホラーはそれだけでも〜怖い〜〜泣き顔
しかしグロいシーンやビクッとするような怖さはないです!
特撮も特殊メイクも一切なし!


ただ幻想的な映像が怖い。。。
そしてデボラ・カーの目つきがだんだん怖くなっていく、、、


白黒映画なのですが、とても映像美!!!
カメラなんでしょうけど〜実に美しいぴかぴか



ラストはアメリカ映画ではないな、、って終わり方(笑)
でもホラーの中では一番好きな映画かも。。

ちなみに「アザーズ」がこの映画のリメイクです!






JUGEMテーマ:映画



| 21:44 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 カッコーの巣の上で
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
(2000-04-21)
1975年 アメリカ 133分
「One flew over the cuckoo's nest」

第48回アカデミー作品賞、監督賞、脚色賞
主演男優賞(ジャック・ニコルソン)、主演女優賞(ルイーズ・フレッチャー)

強制労働が嫌で、精神異常を装い入院してきたマクマーフィー(ジャック・ニコルソン)。彼はここ精神病院で行われてる管理体制に反発を感じ、
婦長ラチェッドと対立しながら自由を勝ち取ろうとするが、、。


舞台は60年代の精神病院。

もう随分昔に観たのだが、、
強烈なラストシーンで息が止まるほどショックを受けたのを覚えてます。

ジャック・ニコルソンはこの作品で主演男優賞を受賞してますね〜
もの凄い演技です!

「その辺をうろついてるやつらより、ここのやつらの方がよっぽど
 正常だ。」

みたいな台詞がありました。↑ 朧げでよく覚えてないのだが、、

この映画を見終えた後、、、
何が正常なんだか、、そうではないのか????
人間の尊厳とは?と考えてしまう映画でした。。

邦題の「カッコーの巣の上で」ですが、、
意味の解釈はそれぞれで良いのでしょうけど(笑)

カッコーとは巣を持たない鳥ですね。。
モズなどの巣にカッコーは卵を産み、モズはカッコーのヒナを疑いもせず
育てる。そしてカッコーもモズを親だと疑わず育つ。



この映画でのカッコーは誰か?



自分はですね、、


主演女優賞を受賞したルイーズ・フレッチャー!
看護婦長ラチェッドに感じました。。




JUGEMテーマ:映画



| 00:04 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
 家庭〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選3〕
フランソワ・トリュフォー,クロード・ド・ジブレー,ベルナール・ルヴォン
日本ヘラルド映画(PCH)
(2004-12-15)
1970年 フランス 98分
「Domicile conjugal」

ついにアントワーヌ・ドワネルはクリスチーヌと結婚し、子供も産まれ
幸せな結婚生活送っているが、日本人キョーコに浮気心が出てしまう、、。

トリュフォーのドワネルシリーズ第4弾!!!

「大人は判ってくれない」
    ↓
「アントワーヌとコレット」
    ↓
「夜霧の恋人たち」
    ↓
「家庭」〜


私は「大人は判ってくれない」から吹っ飛ばして「家庭」を
観てしまった(笑)

私は監督フランソワ・トリュフォーが大好きですラブ



全部観てませんがね、、(これから観ますたらーっ

アントワーヌ・ドワネル役にはこれまた大好き
ジャン=ピエール・レオラブ

クリスチーヌ役にクロード・ジャドぴかぴか

もの凄い美人です!!!
女の私でも見惚れてしまう〜〜!!

そして日本人キョーコ役にパリコレモデルの松本弘子さんです!
松本弘子さんは残念ながら2003年に他界してしまいましたが、、

ボブカットが凄いよく似合ってて、これまた当時ボブが流行ったらしい!


しかしな、、、
なんだかな、、台詞がな、、、
日本人の女の子と松本弘子さんの会話がだな、、、

ちょっとな、、(笑)

というかフランス人から見た日本人はこうなのか?汗
(後で偏見に気づきトリュフォーは凄く後悔したらしい、、)


最後にキョーコは日本語でメッセージを残します。

メッセージはジャン=リュック・ゴダールのあの有名な映画のタイトル(笑)

敢えて伏せますが(笑)
トリュフォーのダジャレに自分は大爆笑しました拍手



す、、素敵だ!!トリュフォーぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴかぴか



そのトリュフォーですが、彼はもの凄い足フェチ(笑)

まぁ〜足を撮る撮るたらーっ
もうわかったから!!って(笑)


まぁ〜映画の感想ですが。。


「大人は判ってくれない」



ではなく、、、



「大人は判ってない」



といったところでしょうか(笑)









JUGEMテーマ:映画



| 23:23 | 映画 か | comments(0) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.