モリッシーの自伝が手元に届きました。
先日の事ですが。。注文してた本がアマゾンから届きました!




そうです!モリッシーの自伝「Autobiography」です!

うほーーーーーと取り出してみたらモリッシーのお顔に傷が!
気をつけて梱包してくれよーと少々落胆。。

そしてぱらぱらぱらーとめくってあまりのページ数の多さに愕然。。
今、車の中に忘れてきたのでいまいちちゃんと覚えてないのだが460くらいか?

、、、、。


たぶん読み終わる(終わるか?)には10年くらいかかると思われ(笑)

最近はマーも出すらしいので、、マーの自伝も買ったら20年コースか?
マーのはね。。日本語訳が出たらそっち買うので20年はかからないか、、
って出ないだろうな(笑)



ま、今のところチビチビ読んでます。。
モリッシーかけながら(笑)


英語ぺらぺーらの人に見てもらったら「これ難しいでしょ!」と言われたんだが
元々英語ができないので難しいかどうか全くわからない(爆笑)
ただ詩的な雰囲気でとても素敵で好きです。。

ただねー単語がねーとても難しい、、、
電子辞書だけじゃ出てこなくてパソコンで調べないとわからない単語がいっぱい。。
調べてるだけで眠くなってきたりもする(笑)

ま。楽しくやってるので20年にならない事を祈ります。。
というかこのまま楽しくいける事を祈ります(笑)



あ。余談だが、、、
本日アメリカンホラーストーリーを鑑賞しました。。

ちょっと変わった感じの女の子が男の子に
「ねぇモリッシーは聴く?彼ほど不安定な歌ってないわよね」
みたいな事言ってたな。。。しかも嬉しそうに、、
(台詞ちょっと間違ってるかも、、)

それを見て「あぁ、、スミスは聴く?」じゃないのか、、
時代は変わったんだな、、なんて思っちゃいました(笑)
















JUGEMテーマ:ROCK






| 23:18 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 ジス・イズ・アイルランド
ミロスラフ サセック
ブルースインターアクションズ
(2005-04)

 最近購入した絵本。それはジスイズアイルランド!!!

ミロスラフ・サセックというチェコの方が書いた絵本でありまして
昔々、輸入雑貨屋さんで見つけていつかは欲しいなぁ〜と思ってました。。

シリーズがたくさんありまして。。。
私が今回、初めて購入したのはアイルランド編!!!

何故かと申しますと、、まぁ、、FBで仲の良いフレンドさんに
アイルランドの方がポチポチいまして、、

となるとアイルランドについて知りたくなり、、
歴史をウィキで読んでみましたがなんだか難しい、、


しかし簡単に理解できるこの絵本はエラい!!!
そして自分の好きな絵本でもある!!!一石二鳥←なんのこっちゃ、、、







とこんな感じ!!!!

エメラルドの国と言われるだけあってグリーングリーンがいっぱいです!!
オスカーワイルドもダブリン出身ですよね!!!
ダブリン公園に銅像?(銅にみえないような、、)のがあるので
行ってみたいなぁ〜〜


この絵本を読んでてもわかりますが、雨が多いみたいですね。。
でも晴れると凄い晴れる!!!!青い空に緑の大地に青い海!!!

そしてアイリッシュコーヒー!!凄い美味しいんだって!!!
飲んでみたい〜〜ウイスキーとコーヒ!砂糖と生クリーム!!!
お酒は弱くてあまり飲めないけどウイスキーは美味しいなぁ〜

あ、そういえばモリッシーもアイリッシュだった!!

小さい国だけど、たくさんスターも出してるアイルランド!!
U2とかビョークとかエンヤ、そしてワイルドなどなど。。

いつかは行ってみたい国だ、、、



話はミロスラフ・サセックに戻りますが!!!
たくさん種類のある中、あと欲しい本は
ヒストリックブリテンが欲しい!!!!!
ロンドンはそんなに興味がない、、、

ヒストリックブリテンはウェールズ、スコットランド、イングランドのお話。。
欲しいなぁ、、、あとエジンバラも。。

あとはギリシャも欲しい!!!!
ギリシャ神話が簡単に理解できる本ないかなぁ、、、
それから読みたいなぁ、、、


なかなか手に入りにくいシリーズですけど、、
いつか見かけたら購入したいと思います!!!!









JUGEMテーマ:絵本紹介



| 00:19 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 ラブクラフト全集
 私の大好きな本、、それはラブクラフト全集です!

Howard Philips Lovecraft(ハワード・フィリップス・ラブクラフト)
H・P・ラブクラフト。。
という1890年〜1937年のアメリカの小説家さんです!


一番好きかもしれません。。。
あまり人には言った事がなかったんですが、、

なぜかと言うと、とても奇怪で恐怖ホラーな小説だからです!


なんでもコズミック・ホラーと言うらしい。。
(SFホラーという意味らしい、、)


どこがSF???

と思ってしまうがあの世界はSFらしい、、、←自覚なし。

怪奇幻想小説と言われてますが、SFというよりこちらの呼び方の
方がふさわしい。。私は耽美ホラーとも呼んでいるが(笑)



書き方、、というか文章が古典的なので読みにくいと言われればそうかも
しれませんが!私はこの文章が大好きですね〜〜。。

読んでいくうちにドンドン引き込まれ目が血走りそうな恐怖で進んでいきます(笑)

で、最後心の中でギャーと叫んでしまう。。

そんな小説他にまだ出会えてません


高校の頃、大好きなバンドのボーカルがこの小説が好きで
面白いと聞いて読み始めたのがきっかけで(笑)

何度も何度も読み返してるので、黒い表紙の本はボロボロに。。


そのうち〜もう一度買おうかな〜とは思ってるのですが。。


という事でハラハラドキドキしたい人にはオススメな本です!
因に1巻〜7巻で別巻として上下の2冊があります!

短編なんで読みやすいですよ〜!







JUGEMテーマ:つぶやき。





| 23:05 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 ババールの絵本 パート2
追加して購入した絵本。。。

それはババールの絵本!!!




可愛い〜〜〜〜〜!!今度はスキーしてるし!!

ちゃんと膝とかに雪が積もってるし(笑)





ちょっと、、、訳そうかな、、、という気持ちは
あるんだけどね、、、

だって何でこのゾウさんが泣きながら化粧?してるのかに
興味が沸く(笑)



このイラストを書いてる人はわからないのだが。。
凄い可愛い!!!カモが水に潜ってる姿が良い!!!



これは、、Romain Simonさんかな?

鳥フェチにはたまらない絵。。
ペンギンの背中に触った事があるんだが、、結構カタいんですよね〜
お腹はフワフワしてるんだろうか?この白い部分。。





この絵は左と右とで1枚です!

間に違うページが入っちゃってるから
わかりにくいんだけど、、

凄いダイナミックな絵だった!!


saint geniesさんのイラストだが
こんな迫力いっぱいの絵を
描く人だとは思わなかった、、








あ〜気分はホクホクです






JUGEMテーマ:絵本紹介



| 22:59 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 アラン・グレ 1970年/73年
この2冊も購入です!!!
アラン・グレの絵本!!!リコベルさんで購入!
http://www.ricobel.com/alaingree/alaingree.htm


こちらは、なななんと!!アラングレさん本人が所有してた本だそうです!
1973年の飛行機の絵本!状態は凄く綺麗
背表紙のところが少し日に焼けてて、、
それがアラングレ氏の家で焼けたかと思うと手が震えるくらい嬉しい〜〜〜



書いてあるのはフランス語。。

実は、、ワタクシ、、フランス語、、2日で挫折した女(笑)


何が書いてあるかわからないが(笑)
素敵だ、、、、素敵過ぎます、、、、




こちらは〜1970年の絵本!
オランダ語です!!!!


このマリンルックの男の子の名前は「ピルー」!!
いつもきつねのカプシーヌと一緒にいるのですが〜
ピルー&カプシーヌ大好きです!!!(どれも好きだが、、)


たったまらん!!!!



ううぅううううぅぅぅうぅぅ、、、、、


可愛すぎる、、、

オランダ語、、
文法も何も全く見当がつかない(笑)

地味に翻訳でもかけてみる?



あぁ、、良い誕生日プレゼントだった。。

ホクホクです











JUGEMテーマ:絵本紹介


| 22:59 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 ババールの絵本 1970年
自分の誕生日に自分から自分にプレゼントしたものは、、

絵本です

購入したのはリコベルさんです!!
http://www.ricobel.com/alaingree/alaingree.htm




1970年のフランス語で書かれた絵本で色んなイラストが入っています。
ババールのお話や歌、ゲーム、記事などなど。。




いやぁ〜表紙たまらんですね!!!

袋から開けた瞬間!悲鳴をあげました(笑)

「なんじゃーーーーーーー!!!
 こんな可愛いものが世の中にあるのかぁああああ!!!!」
(ババールの足のポーズがたまらん。。)

と(笑)


目的はアラン・グレさんというフランスの絵本作家さんが好きで購入したのですが
(ババールも大好き)色んなイラストレーターさんの絵が登場します!!




こちらはアラン・グレさんのイラスト。。
ゲームというかクイズというか?


「JEAN」が救急車だというのがわかったらしく
「←jean」ってえんぴつで書いてある(笑)可愛い!!!

これで遊んだ子は3〜4歳だったのかな?
1970年の絵本だから、、、今は44歳?くらいになってるのかな〜
どんな大人になったんだろうか?

その絵本が日本にいる私の手の中にあるのだから、、

なんか不思議な感じ。。



とこんな感じで歌もある!!!

このイラストレーターの方。。名前がわからないんだけど
子供の頃、、好きだった人だ!!!こんなところで会えるとは嬉しい!!




名前がかろうじてわかったのは、、、
RomainSIMON
saintGENIES

のお二人しかわかりませんでした(汗)



あ〜無知ですね










JUGEMテーマ:絵本紹介

| 22:50 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 及川賢治 (100%ORANGE) exhibition 2009 1月 トムズボックス「マイボー旅立ちの詩」
先日、吉祥寺のトムズボックさん(絵本屋さん)で
「及川賢治 (100%ORANGE) exhibition 」
個展が開かれてる事を知ったので行ってきましたラブラブ


初のシルクスクリーン展らしいんですが、
素敵でした!!!

シルクスクリーンを買う事もできたらしく(お手頃な値段だったらしい)
初日に行った人、、うらやまし〜〜〜〜!!

及川賢治さんご本人もいらっしゃったみたいで
サイン会もあり、、、うらやまし〜〜〜〜〜!!!

なんかポストカードもあったみたいで、、
私が行った日には完売だったのか、、
1枚もない、、、、かなしいい〜〜〜〜〜!!!!


しかし持ってない絵本を買って来たので
気持ちはホクホクラブ

自分への誕生日プレゼントにしようと(誕生日が近かったため)
2冊買いました!!(プレゼントは言い訳?)
本当はもうちょい買いたかったのだが他に行くとこや買うものが
あったので2冊でやめとこうと、、(重いし、、、)

購入したのはこの絵本!
「Doughnuts ドーナッツ! マイボー旅立ちの詩」

素晴らしいっ!!!可愛い!!!
色がたまりません!!!

しかし、、

本当にポストカード、、欲しかった、、、





JUGEMテーマ:絵本紹介



| 00:20 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 三びきのやぎのがらがらどん ノルウェーの昔話(世界傑作絵本シリーズーアメリカの絵本)
これは、北欧民話の有名な絵本ですね!
絵はマーシャ・ブラウン
訳は瀬田貞二

「三びきのやぎのがらがらどん」とは
スウェーデン語では「De Tre Bukkene Bruse」(「三匹のやぎのブルーセ」)!

「Bruse」という名前は「うなり声、騒音」という意味らしい。。

英訳では「THE THREE BILLY GOATS GRUFF」

GRUFFは「どら声の, 荒々しい, 粗野な 」という意味だった。


ここで出てくる3匹のやぎは
何故か、、どのヤギも「がらがらどん」という名前(笑)

しかも、この3匹のやぎの関係は書かれていない。

「ちいさいやぎのがらがらどん」
「2番目やぎのがらがらどん」
「おおきいやぎのがらがらどん」

とだけ。。

兄弟なのか???よくわからない。
でも読んでるうちに、、あくまでも自分の解釈だが汗
あれ?これもしかして、、成長を意味してるのかな?
だから3匹同じ名前?と勝手に思ってみたが。(笑)


この絵本のおもしろさを感じたところは、
まず!!

絵が凄い!!!

意味が「荒々しい」だからのか?絵も荒々しい!!
表紙はさほど思わなかったが、、

ページをめくって

「うわっ!!!!!」

とびっくりした(笑)

コンテで力強く書いてある!!

私は細い線の細かい絵が好きなので、太くて力強いのは
苦手なのだが、これは素晴らしい!素敵な絵だ!!


ここで北欧民話のトロルが登場する!

そう、あの指輪物語やハリー・ポッターに出てくるトロルだびっくり

訳の瀬田貞二さん、、
どこかで聞いたような、、名前だな、、
と思ってたら指輪物語の訳のお人だぴかぴか

あとは。。。

「となりのトトロ」の映画の最後に、メイとサツキがお母さんに
読んでもらってる絵本がこの「三びきのやぎのがらがらどん」!

映画のシーンの中で、
メイが「トトロに会ったよ」
「あのトロル?」とサツキが聞き返すシーンがありますよね!



もしかして、、


と1人で悶々と考えてしまった(笑)







JUGEMテーマ:絵本紹介



| 21:14 | | comments(0) | trackbacks(0) |
 やさしいあくま 絵本
ある日、耳鼻科の帰り。。。

調剤薬局で薬を待っていた時の出来事。。


暇だ、、、


とボケーッとしてたら絵本が数冊置いてある事に気がついた!
(↑絵本好き)


おお!絵本があるじゃないか!

と思い手に取ったのは
「やさしいあくま」
という可愛いイラストの絵本。。
どうやらおばあちゃんと孫とその友達あくまのお話。


絵本にしちゃ〜ページ数が結構あるあせあせ

「、、ムリかな、、」

と想像した通り、最後まで読み切らないうちに名前を呼ばれ
薬局退場〜


次の診察の帰り、残りのページを読まねば
と思い速攻薬局で絵本を手に取り、続きのページを探す!




「、、、、、。」












「ぉぅ、、おっぅ、、、」







不覚にも薬局で号泣、、。

これはいかん!!顔があげれない!

薬剤師さんにばれてしまう、、

どうしよう、、
「あの人、絵本読んで泣いている」
とばれてしまう汗

映画館で泣いているのではなく、薬局で泣いてるのは
と〜〜〜〜ても恥ずかしい!!!
しかも耳鼻科だし、、右斜め下



まぁ髪の毛で顔をサダコのように隠し、
泣いてるのをばれないように会計したが、、、

今思うと、、これも怖いな、、


ばれてるのか?ばれてないかは薬剤師さんのみぞ知る!!








JUGEMテーマ:絵本紹介



| 00:01 | | comments(2) | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.